集客力

集客力のあるホームページ制作の相場の推移

日本でインターネットが普及してから20数年の中で、ホームページを持ち、販促活動を行う店舗や企業、または個人が圧倒的に増加しました。それに伴いホームページを作成するソフトを使用したり、言語などを勉強し自作する人も見られます。よりインパクトのあるホームページ制作が求められ、現在でも自社で対応できない場合など外注する場合が多く有ります。ITに詳しい人材が少なく、ホームページ制作を行える人が少数であった頃は、簡単なサイトの立ち上げで30万円~50万円という相場の時代もありました。現在では、制作を行える人々が増えたことにより、およそ10分の1程度の相場に下がっています。

現在のホームページ制作にかかる費用は、制作先に依頼した場合1ページいくらという単位または、予め設計されたワンセットで見積りが行われます。相場は1ページあたり基本3万円~が主流です。画像挿入やFLASH制作などが入る場合は、そのもの毎に単価が上がります。ホームページ制作を行っている会社の比較をしてから依頼することが賢明です。見せるホームページを制作するということは、依頼主の企業が満足するのために作るのではなく、ユーザーの立場から分かりやすい紹介となっていなければなりません。そのホームページでのユーザーの滞在時間が重要となるからです。

ホームページ制作を依頼するときに注意したいことは、費用の他に記述文などが何を使って作られているかということも理解しておくと良いです。見栄えも非常に良く、集客に向けて大変素晴らしいインパクトのある動画や音などを入れたホームページを多く見かけるようになりました。しかし、使用している言語や記述またはソフトを古い形式に沿って制作したことによって、動作が非常に遅く全画面表示までに時間を要する場合があるものも未だにあるからです。最先端の技術を駆使している場合でも、インターネットを使用しているユーザーの全員が、それに見合うバージョンを使用しているとは限りません。

相場より少々高いと感じる時でも、後のことを考えると最新情報の入れ替えなどを無料で行ってくれるなどのサービスが付いているホームページ制作を行っている会社があります。10ページのホームページ制作費用に100万円掛かったとしても、内容が見やすく追加情報や動画が常に新鮮となれば、訪問者はリピーターとなります。少しの期間の企業紹介や一過性の商品の場合は、相場より遥かに安いものでも問題はないかもしれません。また、優良の製作者をみつけるには、特化した会社に依頼するほか、金額と条件を提示した上でコンペ形式で一般製作者に募集を呼びかける方法もあります。

Copyright © 2017 飲食店経営時のホームページ制作について All rights Reserved.