ロングテールとは何か

ホームページ制作での戦略、ロングテールとは何か

ホームページ制作をした後でアクセス数を稼ぎたい場合、さまざまな戦略があります。その中の1つとして、ロングテールと呼ばれるものがあります。一般的にアクセス数を上げたい場合、トレンドのキーワードや、流行りの話題を取り込むことが良いとされています。もちろん、この方法は合っているのですが、常にトレンドを追いかけ、流行を察知しなければならず、非常に手間がかかります。また、競争相手も多く、非常に手間がかかってしまいます。そのような競合を避け、アクセス数を上げる方法として、ロングテールというものが存在しています。

ロングテールとは、人気がそれほど無く、競合しない物を多数揃え、合計として売り上げを伸ばすやり方です。例えば、1日10アクセスしか見込めないページがあったとします。しかし、それは言いかえるのであれば1日10アクセスが確実に見込め、人気の低さゆえに競合する事もありません。このようなページを多数揃える事により、合計で流行りのサイトに比肩するアクセス数を稼ぐ事が可能になります。これを棒グラフに表した時、『アクセス数の少ないページが多数並んでいる状態』が、長い尾のように見えるため、ロングテールと呼ばれています。

この戦略は、ホームページ制作上で大きなメリットが存在します。1つは、競合相手がほぼ存在しないという事です。人気のキーワードは、様々なページで取り上げられる事がありますが、ニッチなワードに関しては取り合いが起きません。そのため、アクセス数は低いものの、安定した数字を得ることができます。つまり、新しいワードを追いかける手間を減らし、その分安定したアクセスを得ることが出来るのです。ホームページ制作をする場合、流行りの言葉をちりばめるのも有効ですが、このロングテール戦略を組み込むと、グッとアクセスが安定してきます。

また、ロングテール戦略の面白味として、『人が掘り起こしていないワードを探す』というものがあります。少ない数ながら、需要のあるワードは無数に存在します。ホームページ制作をする際、このようなワードを念頭に置いてみると、安定したアクセスを見込めます。ロングテール戦略は、多くのページを作成し、気長に待つ必要があります。劇的なアクセスは見込めませんが、その分、長年に渡っての安定したアクセスを確保できる、お勧めの戦略の1つです。ホームページ制作を考えている方は、是非、この考え方を取り入れてみると良いでしょう。

Copyright © 2017 飲食店経営時のホームページ制作について All rights Reserved.